MENU

4ddiの評判: 97.4%の復元率と安全性を兼ね備えたデータ復元ソフト

当ページのリンクには広告が含まれています。
  • URLをコピーしました!

この記事では4ddigの評判について詳しく説明します。

4ddigはその高いデータ復元率と安全性から多くのユーザーに信頼されているデータ復元ソフトウェアです。

4ddigの主要な機能、使用感、価格、そして安全性について詳しく解説します。

また、4ddigが対応できないケースとその対処法についても触れていきますので、データ復元ソフトウェアを探している方、特に4ddigの評判に興味がある方はぜひ参考にしてください。

記事のポイント
  1. 4ddigのデータ復元能力とその多機能性:削除されたデータ、フォーマットされたデータ、壊れたデータまでを復元でき、1000種類以上のファイル形式とすべてのファイルシステムに対応しています。
  2. 4ddigの安全性:データ復元の過程で元のデータを上書きせず、新たな場所に復元データを保存するため、データの二次損傷のリスクを最小限に抑えることが可能です。
  3. 4ddigの使用感:直感的なユーザーインターフェースとスムーズな操作性が評価されており、データ復元プロセスがステップバイステップでガイドされ、初心者でも迷うことなく操作できます。
  4. 4ddigの価格とライセンス形態:個人ユーザー向けには月間更新ライセンス、年間更新ライセンス、永久ライセンスの3種類があり、法人向けのライセンスも提供されています。
目次

4ddigの評判を深掘りしてみる

・4ddigの詳細な特性と機能
・安全性は大丈夫なの?
・データ復元能力
・対応ファイル形式
・対応デバイスとその多様性
・ディープスキャン機能
・無料版と有料版の違い
・解約方法
・価格とライセンス形態

4ddigの詳細な特性と機能

4ddigはデータ復元ソフトウェアとして広く認識されていますが、その能力は単なるファイルの復元を超えています。

このソフトウェアは削除されたファイル、フォーマットされたデータ、さらには壊れたデータまでをも復元する能力を持っています。

これによりユーザーは誤って削除したデータや予期せぬシステムのエラーにより失われたデータを取り戻すことが可能となります。

4ddigは2007年に設立された株式会社Tenorshareから販売されているソフトウェアで、1000種類を超えるファイル形式とすべてのファイルシステムに対応しています。

これにはNTFS、FAT、APFS、HFS+、HFS Xなどが含まれます。

さらに、フラッシュドライブ、ハードドライブ、メモリカード、デジタルカメラ、ビデオカメラなど、あらゆるデバイスからデータを発見可能です。

4ddigはWindowsだけでなく、Macにも対応しています。Windows版は、Windows11/10/8.1/8/7、Windows Server 2008-2019に対応しています。

また、無料版と有料版が用意されており無料版ではドライブのスキャンと削除されたファイルのプレビューが可能です。

データを復元したい場合はライセンスを購入する必要があります。

有料版には月間更新ライセンス(1ヶ月間利用可能)、年間更新ライセンス(1年間利用可能)、永久ライセンス(期限のない永久利用可能)の3つのライセンス形態が用意されています。

いずれのライセンスも使える機能に差はありません。

4ddigは単純に削除されてしまったデータの復元だけでなく、フォーマットされたドライブからや削除されたパーティションからのデータ復元など様々なシーンを想定して復元が可能です。

また、写真データだけでなく画像や動画、音声から書籍、アーカイブまで素人だけでなくプロが使うようなファイル形式もサポートされています。

以上のような特性と機能により、4ddigはデータ復元ソフトウェアとしての信頼性と多機能性を兼ね備えています。

安全性は大丈夫なの?

4ddigはその安全性において多くのユーザーから高評価を得ています。

その理由としてデータ復元の過程で元のデータを上書きせず、新たな場所に復元データを保存するため、データの二次損傷のリスクを最小限に抑えることが可能となっています。

また、4ddigの安全性は運営元であるTenorshareの実態、公式サイトの記載事項、そして利用者の口コミからも確認することができます。

Tenorshareは2007年に香港で設立され、現在では世界中で約1,000万人のユーザーを抱える信頼性の高い企業です。

その公式サイトでは、「物理的な復旧よりもはるかに安全にデータを復元でき、データが上書きされることはありません」と明記しています。

さらに、利用者の口コミを見ても「Tenorshare 4DDiGってソフトが一番優秀だった。

というかこのソフトだけでいい」という声が寄せられています。

これらの情報からも、4ddigの安全性は非常に高いと言えるでしょう。

ただし、データ復元を行う際にはパソコンの操作方法や注意点について理解しておくことが重要です。

特に、パソコンをできるだけ起動させずファイル操作やソフトの起動を避けることで、復元したいファイルへの上書きを防ぐことが可能となります。

以上のように、4ddigはその高い安全性から誤って削除したデータや予期せぬシステムのエラーにより失われたデータを安心して取り戻すことができるソフトウェアと言えます。

データ復元能力

4ddigのデータ復元能力はその多機能性と高い復元率からも明らかです。

このソフトウェアは単純に削除されたデータの復元だけでなく、フォーマットされたドライブや削除されたパーティションからのデータ復元など、様々なシチュエーションを想定しています。

また、復元対象となるデータの種類も豊富で公式サイトによれば1000種類ものファイル形式に対応しています。

これにより写真データだけでなく画像や動画、音声から書籍、アーカイブまで、素人だけでなくプロが使うようなファイル形式もサポートされています。

さらに、4ddigはクイックスキャンとディープスキャンの2つのモードを搭載しており、クイックスキャンでは迅速にかつ的確にスキャンを行い、ディープスキャンでは時間をかけて深い階層にまで隠れてしまったファイルも発見することができます。

これにより復元率は驚異の97.4%を達成しています。

また、4ddigはハードドライブ、USBドライブ、メモリカードなど、様々なストレージデバイスからデータを復元することが可能です。

これらの機能と高い復元率により、4ddigはデータ復元ソフトウェアとしての信頼性と実用性を確立しています。

対応ファイル形式

4ddigはその対応ファイル形式の豊富さからもその能力が伺えます。

なんと、1,000種類以上のファイル形式に対応しており、その中には画像(JPG/JPEG、TIFF/TIF、PNG、BMP、GIF、PSDなど)、動画(AVI、MOV、MP4、M4Vなど)、音声(MP3、AIF/AIFF、M4A、WMAなど)、ドキュメント(DOC/DOCX、XLS/XLSX、PPT/PPTXなど)、電子メール(MSG、PST、OST、EML、EMLXなど)など、多岐にわたるファイル形式が含まれます。

これにより、ユーザーは様々な種類のデータを復元することが可能となります。

また、これらは1,000種類以上ある対応ファイルの中でも一部にすぎません。

上記に記載がなくても4DDiGであれば、ファイルの復元が可能です。

対応デバイスとその多様性

4ddigはその対応デバイスの範囲が非常に広いことで知られています。

このソフトウェアは、Windows 11/10/8.1/8/7から、T2チップ/M1/M1 Pro/M1 MaxのmacOS Venturaまで、幅広いOSに対応しています。

さらに、内蔵ハードディスク、外付けハードディスク、SD/CFカード、メモリカード、TFカード、USBメモリー、メモリースティック、HDDドライブ、SSD、デジタルカメラ、フロッピーディスクなど、多種多様なデバイスからデータを復元することが可能です。

これにより、ユーザーは自身の使用環境に合わせてデータ復元を行うことができ、その柔軟性は4ddigの大きな魅力となっています。

ディープスキャン機能

4ddigのディープスキャン機能は表面的なクイックスキャンでは見つけられないデータまでを探し出す能力を持っています。

この機能は時間をかけて深い階層にまで隠れてしまったファイルも発見することが可能で、その復元率は驚異の97.4%に達します。

ただし、ディープスキャンは時間がかかるため、必要なデータが見つからない場合にのみ使用することを推奨します。

また、スキャン結果が膨大な量で目的のファイルを探すのに時間がかかる場合、フィルター機能を活用することで、ファイルタイプやサイズの範囲でデータを絞り込むことができます。

無料版と有料版の違い

4ddigは無料版と有料版の2つのバージョンを提供しており、それぞれが異なる機能と利用範囲を持っています。

無料版は基本的なデータ復元機能を提供します。

具体的には、削除されたファイルのクイックスキャンやプレビューが可能で、ユーザーは削除されたファイルやフォーマットされたデータを確認することができます。

ただし、無料版ではデータの復元量に制約があり、また、高度な機能は利用できません。

一方、有料版は無料版の全ての機能に加えて、データの復元量に制限がなく、ディープスキャン機能やテクニカルサポートを利用することができます。

さらに、有料版では以下のような高度な機能が利用可能です:

  • フォーマットされたドライブの復元
  • 失われたパーティションの復元
  • 外部デバイスからのデータ復元
  • クラッシュしたコンピューターからのデータ復元
  • RAWファイルの復元
  • 破損した動画や写真の復元

これらの機能はデータの損失が生じた多様なシチュエーションに対応可能で、ユーザーにとって大きな安心感を提供します。

したがって、ユーザーは自身のニーズに応じて、無料版か有料版のどちらを選択するかを決定することができます。

ただし、実際のデータ復元を行いたい場合は有料版の利用が必要となります。

解約方法

4ddigの解約は公式ウェブサイトから行うことができます。

解約手続きを行うと次の更新日から有料版の機能が利用できなくなります。

ただし、解約後も無料版の機能は引き続き利用することが可能です。

以下に、4ddigの解約手続きの詳細を強化して記載します。

4ddigのサブスクリプション解約:ステップバイステップガイド

4ddigのサブスクリプション解約は、公式ウェブサイトから行うことができます。

解約手続きを行うと次の更新日から有料版の機能が利用できなくなります。

ただし、解約後も無料版の機能は引き続き利用することが可能です。

  1. 解約の申請: まず、注文番号とメールアドレスをサポートに送信します。これにより、解約の申請が行われます。
  2. 解約の確認: 解約の申請が行われた後、次の更新日から有料版の機能が利用できなくなります。この点を確認しましょう。
  3. 無料版の利用: 解約後も、無料版の機能は引き続き利用することが可能です。無料版では、基本的なデータ復元機能を活用することができます。

このように、4ddigの解約手続きは簡単でユーザー自身が行うことができます。

ただし、解約の申請を行った後は次の更新日から有料版の機能が利用できなくなるため、解約の申請を行う前に、必要なデータのバックアップを取るなど、適切な準備を行うことが重要です。

価格とライセンス形態

4ddigの価格とライセンス形態は多様でユーザーのニーズに合わせて選択できます。

個人ユーザー向けには月間更新ライセンス(5,478円)、年間更新ライセンス(6,578円)、永久ライセンス(10,274円)の3種類があります。

これらの価格は2023年4月現在のもので、特定の期間や状況に応じて最適なライセンスを選ぶことが可能です。

また、法人向けのライセンスも提供されており、1年間の契約でPC5台までのライセンスは9,878円、PC10台までのライセンスは21,978円、そしてPC無制限のライセンスは43,978円となっています。

事業に使っているパソコンの台数や、復旧を行いたいパソコンの台数に合わせたライセンスを選択できます。

なお、これらの価格は2022年3月調査時点のもので、キャンペーン価格の変動やクーポンの有無によって価格が大きく変動する可能性があります。

これらの情報を踏まえて、最適なライセンス形態と価格を選択することが重要です。

4ddigの評判とユーザー体験

・インストール方法
・実際の使用感
・4DDiG File Repairの評判
・4DDiG File Repairの価格
・4DDiG File Repairの安全性
・File Repair Mac: Mac向けの万能ファイル修復ツール
・4ddigで復元できないケースと対処法

インストール方法

4ddigのインストールは、公式ウェブサイトからダウンロードしたインストーラを使用して行います。

具体的な手順は以下の通りです。

  1. 公式ウェブサイトから「4ddig-for-Windows(またはMac)」という名前のプログラムファイルをダウンロードします。
  2. ダウンロードしたプログラムファイルを開き、「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか?」という表示が出たら「はい」を選択します。
  3. 4DDiGプログラムが立ち上がるので、保存先が「復旧させたいデータが入っていた場所ではないことを確認して」インストールをクリックします。この時、プログラムの保存先が復旧したデータの入っていた保存先になっている場合は、右下の「インストール設定」からプログラムの保存先を変えられます。
  4. インストールが完了すると、プログラムが立ち上がりますので、「開始」をクリックします。

なお、インストール後は登録コードを入力することで有料版の機能を利用することができます。

実際の使用感

4ddigの使用経験者からのフィードバックによれば、その直感的なユーザーインターフェースとスムーズな操作性が高く評価されています。

特に、データ復元プロセスがステップバイステップでガイドされ、初心者でも迷うことなく操作できる点が評価されています。

また、スキャン後のデータが拡張子毎に整理されて表示されるため、復元したいデータを選択することが容易です。

4ddigはPCに接続したデバイスを自動で認識し、その動作はサクサクとしており、もっさり感がないとの声もあります。

これらの特性により、4ddigは非常に使いやすいデータ復元ソフトウェアとして評価されています。

ただし、無料版でも一日3回までなら復元可能な制限を少し緩くしてほしいという意見もありました。

それでも、全体的に見て4ddigはデータ復元ソフトとして非常に使いやすい作りになっているとの評価が多いです。

4DDiG File Repairの評判

4DDiG File Repairは、壊れたまたは破損したファイルを修復するためのソフトウェアとして、その高度な機能性とユーザーフレンドリーなインターフェースから高い評価を受けています。

特に、破損した動画や写真などの高度な復元に対応しており、その技術力はユーザーからの信頼を勝ち取っています。

また、実際のユーザーの声を見ても「一部のファイルが復旧できなかった」というネガティブな意見も存在しますが、大多数のユーザーは4DDiG File Repairによってファイルを復旧でき、その結果に満足しています。

しかし、全てのファイルを完全に修復できるわけではなく、修復できるファイルの種類や破損の程度には限りがあることを理解しておくことが重要です。

4DDiG File Repairの価格

4DDiG File Repairの価格は利用期間とライセンスの数により異なります。

個人利用の場合、1カ月ライセンスは5478円、1年間ライセンスは6578円、永久ライセンスは10978円となっています。

これらの価格は1台のPCに対するもので、追加のPCに対しては別途ライセンスを購入する必要があります。

法人利用の場合、1年間のライセンスは5台までが9878円、10台までが21978円、無制限が43978円となっています。

これらの価格は2022年3月時点のもので、キャンペーン価格の変動やクーポンの有無により価格が変動する可能性があります。

4DDiG File Repairの安全性

4DDiG File Repairの安全性については、その信頼性とユーザーのプライバシー保護に重点が置かれています。

このソフトウェアは元のファイルを上書きせずに新たな場所に修復ファイルを保存することで、二次損傷のリスクを最小限に抑えます。

また、運営元であるTenorshareは2007年に設立され、現在では世界中で約1,000万人のユーザーを抱える信頼性の高い会社です。

さらに、4DDiG File Repairは物理的な復旧よりもはるかに安全にデータを復元できると公式サイトで明記しています。

これらの要素から、4DDiG File Repairの安全性は高いと評価されています。

File Repair Mac: Mac向けの万能ファイル修復ツール

File Repair MacはMacユーザーに特化した強力なファイル修復ソフトウェアです。

このツールは1000種類を超える様々なファイル形式に対応しており、破損したファイルを修復する能力を持っています。

また、Mac本体だけでなく外付けデータに対しても対応しています。

その効果性と多機能性から、ユーザーから高い評価を受けています。

ただし、修復できるファイルの種類や破損の程度には限りがあるため、全てのファイルを完全に修復できるわけではありません。

4ddigで復元できないケースと対処法

4ddigデータ復元ソフトウェアはその強力な復元能力により多くのユーザーから信頼を得ています。

しかし、全てのケースでデータを完全に復元できるわけではありません。

特に、データが物理的に破壊された場合や、データが上書きされた場合は復元が困難となります。

また、データの削除から時間が経過している場合も、完全な復元が難しい可能性があります。

例えば、削除から時間が経過した動画や画像ファイルを復元しようとした場合、正常に再生や表示ができないケースがあります。

このようなケースに遭遇した場合、専門的なデータ復元サービスを利用することを検討すると良いでしょう。

また、データを削除したことに気づいたら可能な限り早く復元を試みることが、データを救うための最善の策と言えます。

4ddigの評判についてのまとめ

今回の記事のポイントをまとめてみました。

  1. 4ddigはデータ復元ソフトウェアとして広く認識され、削除されたファイルから壊れたデータまでを復元する能力を持つ
  2. 2007年に設立された株式会社Tenorshareから販売されている
  3. 1000種類を超えるファイル形式とすべてのファイルシステムに対応
  4. フラッシュドライブ、ハードドライブ、メモリカード、デジタルカメラなど、あらゆるデバイスからデータを発見可能
  5. Windowsだけでなく、Macにも対応している
  6. 無料版と有料版があり、無料版ではドライブのスキャンと削除されたファイルのプレビューが可能
  7. データ復元の過程で元のデータを上書きせず、新たな場所に復元データを保存するため、データの二次損傷のリスクを最小限に抑える
  8. 高い安全性から誤って削除したデータや予期せぬシステムのエラーにより失われたデータを安心して取り戻すことができる
  9. データ復元能力はその多機能性と高い復元率からも明らかで、復元率は驚異の97.4%を達成している
  10. 直感的なユーザーインターフェースとスムーズな操作性が高く評価されている
  11. 4DDiG File Repairは、壊れたまたは破損したファイルを修復するためのソフトウェアとして、その高度な機能性とユーザーフレンドリーなインターフェースから高い評価を受けている
  12. 価格とライセンス形態は多様でユーザーのニーズに合わせて選択できる
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次